オルビスユーとオルビスユーアンコールの違いは?年齢層や効果の違いを調べてみた

オルビスユーとオルビスユーアンコールの違いって?

オルビスユーホワイトとは何が違うんだろう?

エイジングケアに効く化粧水が知りたいな…

うるおいのある肌になれると評判のオルビスユーですが、他シリーズのオルビスユーアンコールとの違いがわからないという方も多いと思います。

オルビスユーとオルビスユーアンコールの違いが知りたい…。

肌にうるおいをもたらして毛穴や乾燥からガードしてくれるのがオルビスユーで、目元のシワやたるみなどの年齢サインに効果を発揮してくれるのがオルビスユーアンコールです。

もう一つのシリーズ、オルビスユーホワイトとの違いやエイジングケアに効く化粧水は何かということも気になりますよね。

この記事では、

この記事でわかること
  • オルビスユーホワイトとの効果の違い
  • エイジングケアに効くおすすめの化粧水

についてまとめていきます。

この記事を読めば、あなたにぴったりなオルビスユーの商品を選ぶことができるようになりますよ!

オルビスユーとオルビスユーアンコールは違う?年齢層や効果、価格の違いを調べてみた

オルビスユーとオルビスユーアンコール、名前の違いはあれど細かい違いまではわからないという方もいるかと思います。

この2つは一体どのように違いがあるのか、早速調べてみました。

肌悩みが出始めた人にはオルビスユー

オルビスのサイトで確認したところ、くすみやハリ感が低下してきて、これまで感じたことがない肌悩みが気になる方にはオルビスユーがおすすめとのことです。

つまり、今まで肌悩みがほとんどなかったのに「最近肌の調子が悪いな…」と違和感を感じ始めた人におすすめのシリーズということですね。

オルビスはうるおいある肌に導くというのが大きなポイントですので、肌にハリがなく元気がないと感じる方には、特におすすめですよ。

価格(2020年8月時点)
  • 洗顔料が税込1,980円
  • ローションが税込2,970円
  • 保湿液が税込3,300円

肌の調子が悪いと感じ始めたら、一度オルビスユーを試してみてはいかがでしょうか。

シワなどの年齢サインが気になり始めた人にはオルビスユーアンコール

オルビスユーに対し、オルビスユーアンコールは重力によって影響が受けやすい目元や口元などに年齢サインが感じられるという人におすすめのシリーズです。

オルビスユーアンコールのテクスチャーはとろみがあり、それがコクのあるうるおいを肌に与え、ハリのある肌に導いてくれます。

濃密液が根元にしっかりと浸透してくれ、悩みの根幹にアプローチしてくれますよ。

価格(2020年8月時点)
  • 洗顔料が税込1,980円
  • ローションが税込3,630円
  • 昼用保湿液が税込3,520円
  • 夜用保湿液が税込3,850円

オルビスユーより高い値段設定ですが、エイジングに効く効果も含まれていると考えると納得の値段かと思います。

シワなどの年齢による肌悩みが出始めてきたという方は、エイジングケアの効果が期待できるオルビスユーアンコールを試してみてはいかがでしょうか。

オルビスユーホワイトとは何が違う?効果の違いを確認してみた

オルビスユーシリーズにはもう一つ「オルビスユーホワイト」というシリーズが存在します。

既述の2シリーズの特徴はわかりましたが、オルビスユーホワイトはどのような方におすすめなのでしょうか。

美白ケアもエイジングケアもしたいという人にはオルビスユーホワイト

オルビスユーホワイトは、シミやくすみに対して美白ケアもしたい、けれど肌の年齢サインも気になるという方におすすめのシリーズです。

シミやくすみの原因となるメラニンを肌に溜め込まないような成分が配合されており、メラニンの蓄積に歯止めをかけてくれます。

また、バリア機能が低下した肌にうるおいを与え、外からのダメージを防いでくれる効果も期待できます。

肌にうるおいを与えることで、エイジングケアを含む肌悩みにアプローチをかけてくれるのです。

肌も綺麗に保ちたいし、年齢を感じさせたくないと思う女性の声に着目し、どちらの悩みも助けてくれるというのがオルビスユーホワイトの特徴です。

価格(2020年8月時点)
  • 洗顔料が税込2,310円
  • ローションが税込3,300円
  • 昼用保湿液が税込3,300円
  • 夜用保湿液が税込3,520円

洗顔料が他の2シリーズより高いですが、全体的にはオルビスユーアンコールと同等の金額です。

美白ケアとエイジングケアのどちらも行いたいという方は、オルビスユーホワイトを試してみてはいかがでしょうか。

オルビスユーはアルコールフリー?安心成分なのかどうか調査してみた

肌が弱いという方が気になるのは、アルコールが入っていないか、油分はどれだけ入っているのかといった成分に関する点かと思います。

特にアルコールは肌の乾燥を引き起こすと言われていますので、乾燥肌の方などはアルコールフリーであるかどうかという点が気になりますよね。

では肌にうるおいを与えると言われるオルビスユーはアルコールフリーなのか、そして安心成分なのかどうかという事を調べてみました。

オルビスユーは全シリーズアルコールフリー、無油分、無香料、無着色

オルビスユーはできるだけ肌に負担を与えないように設計された化粧品シリーズです。

肌が敏感な方にも使ってもらえるよう、シンプルかつ肌に優しい成分で設計されています。

アルコールフリーはもちろん、油分もなくさっぱりとした使い心地なのでニキビ肌の方にもおすすめですし、無香料無着色なので、肌に余計なダメージを与えないようになっています。

肌に負担をかけないまましっかりとケアをしたいという方には、肌に優しい設計であるオルビスユーはぴったりかもしれませんね。

本当に肌に負担がないか気になるという方は、7日分が体験できるトライアルキットもありますので、そちらで一度お試しするという手もありますよ。

べたつきを改善できる?オルビスユーはインナードライにも効果があるのか

肌がべたつくのに時間が経つと粉が吹いてしまうと悩んでいる方も多いかと思います。

そのような悩みを持つ方は、油分が多く水分が少ない混合肌(インナードライ肌)であることが多いです。

水分が少ない肌を外部から守ろうとして油分が過剰に分泌してしまい、その結果うるおいもなくべたつきが多い肌になってしまうというものです。

よって化粧をしても、元々の肌が乾燥してしまっているので乗りが悪く、ひどい場合だとファンデーショをン塗った瞬間から粉を吹いてしまうということもあるのです。

肌にうるおいを与えるオルビスユーはインナードライ肌にぴったり

インナードライ肌の改善に必要なことは、とにかく肌に水分を与えるということです。

肌に水分を与えることで、肌をバリアしようと過剰に分泌する油分の発生を抑え、水分と油分のバランスが取れた理想の肌に近付くのです。

その点を考えると、まさにオルビスユーはぴったりの化粧品と言えるでしょう。

オルビスユーにはキーポリンブースターという3つの特殊なエキスが配合されており、それらが肌の角層に細胞レベルで浸透し、しっかりと水分の通り道を作ってくれるのです。

それによって肌全体に水分がしっかり行き渡り、みずみずしくうるおいのある肌に導いてくれるのです。

肌の奥底にまでしっかり浸透するので、肌の根幹からトラブルにしっかり対処してくれますよ。

インナードライ肌の方にはもちろん、肌の表面がカサカサしてしまうという乾燥肌の方にもおすすめです。

エイジングケアにおすすめの化粧水まとめ

世の中にはエイジングケアを謳う化粧水が数多く売られていますが実際にはどれが効果があるのかわからないという方もいますよね。

そんな方のために、成分がしっかりしていて効果が期待できるエイジングケアにおすすめの化粧水を3つご紹介します。

ETVOS エイジングケア化粧水 バイタライジングローション

ツヤやハリを与えてくれるアルガン幹細胞エキスと、加齢と共に減っていくヒト型セラミドが5種類配合されており、うるおいがありハリのある肌へと導いてくれます。

低刺激処方になっているので、敏感肌の方でも試してもらいやすい設計になっていますよ。

無印良品 エイジングケア化粧水 高保湿タイプ

岩手県釜石の天然水を使用しており、ざくろやローズなど10種類もの天然保湿成分が配合された低刺激性のエイジングケア化粧水です。

大容量でコストパフォーマンスも良いので、顔以外にも首や手などの年齢が気になる部分にもたっぷりと使えるのが嬉しいですね。

アヤナス ディセンシア ローションコンセントレート

コラーゲンやヒアルロン酸など肌のうるおいに必要な成分を自分で作り出す力を生み出してくれる化粧水です。

ハリのある肌に導いてくれる上に低刺激処方なので、肌が敏感な方にもおすすめですよ。